2年英語 相手目線でスピーチを!

本校は今、スピーチのまっさかり!特に1年生と2年生の国語や英語。

2年1組では、発表する人、質問する人に加え、スピーチを評価する立場の人も設定されています。

お勧めの旅先を英語で紹介するのですが、声の大きさや表情など表現力全体を相互評価します。

質問に答える様子も評価対象です。先生は発表途中に上手にフォローされるのですが。

質問するためには、内容をしっかりと聴き取る必要があります。また、スピーチを聴いたすぐなので、自分が持っている語彙力もためされます。

生徒同士で英語のやりとりが成立することもありますが、まだ慣れていないので、たいていの場合、先生のフォローが必要となっていました。

苦しい時には、背中の黒板に掲示された「お助けカード」を使うことも可能となっており、安心できます。

手元にある原稿から視線をはずすことがなかなかできませんが、繰り返すうちに、それもだんだん改善していきました。

習うより慣れよ ですね。