2年数学 考え方を人に分かってもらうのは難しい!

2年生の数学は、今連立方程式のところを学習しています。先生は、導入部分で「つるかめ算」を様々な方法で解く活動を取り入れられました。

人に自分の考えを分かってもらうのは大変だとみんな気付いた様子です。身振り・手振りで一生懸命に説明している姿を多くの教室でみかけました。

自分なりに絵を描いて、分かってもらおうとする人もいました。

よく似た考えでも、発想の根本が違っていたりもします。

同じ問題をみんなで考え、様々な考えに触れたことで、数学の奥深さを学んだようにも見えました。

他の人が一生懸命に自分の考えを伝えようとするのを傾聴する姿勢も自然と身についたようです。

これは2年1組の理科の授業ですが、教科担当の先生が学習専用端末をもった生徒に動画を撮影させて2人がかりで生徒たちに理解させようとしておられます。

2年生はこの時期から、学習内容が難しくなり始めますが、教える側も教わる側も、みんな一生懸命です。