3年学級活動 スゴロクトークで、友達の意外な面を知る!

3年2組の教室から歓声が聞こえてきたので、おじゃますると・・・

スゴロクトークというゲームをしていました。サイコロの出た目だけすすんで、止まったところに書いてある指示に自分自身が答えるというもの。いわば、人間関係づくりゲームです。

今、一番楽しみにしていることは?大切なものは?夜寝る前にすることは?などなど、とりとめもないことが多いのですが、友達が答えると意外な面を発見することもあるからおもしろい!

誰かが答えるたびに笑いと歓声が沸き起こっていました。

このようなちょっとしたゲームであっても、学級の人間関係をじわじわと良いものにしてくれるものです。

2年美術 抽象画を鑑賞しています!

2年2組の美術の授業です。アメリカの作家ジャクソン・ポロック(1912~56)の作品を鑑賞しています。

絵は抽象的です。点や線、色の明暗、形や色の使い方にルールはありません。

生徒たちは、絵から受ける印象を思い思いに語っています。と、途中で先生が作家が実際に絵を描く風景を動画で見せられました。

いかにも自由で、斬新なその動きから、抽象画とはいかなるものか?を感じ取っている様子でした。

生徒たちはこのあと、自分の感情や思いから発想を広げ、形を色を工夫して作品にあらわすという活動を行います。抽象画の鑑賞は、今後の自分の作品づくりにも活かされそうです。

今日の給食を紹介します!

今日は、キーマカレーです。いつもは野菜の裁断機を使用していたとのことですが、タマネギのくせのあるにおいが気になるとの栄養士さんと調理員さんの協議により、今日はなんと全て手切り!しかも、ピーマンも一度湯がくという手のかけよう。そのおかげで、味は最高の仕上がりに!

和え物には酢とガーリックが効いています。オムレツがあるので・・・・

このように「オムレツキーマカレー」にもできます!

3年社会科 今日からいよいよ公民的分野へ!

3年生の社会科は、歴史的分野が終わり、今日からいよいよ公民的分野となります。中学校社会科のまとめの分野です。

生徒の手元にはピカピカの教科書が。ワークシートの最初に「公」のつく熟語にはどんなものが?とあります。生徒は結構な数の言葉を列記していました。

公民的分野は、政治・経済などが中心的な学習内容となります。今、公示された参議院議員選挙等もその学習内容です。

その点、地理・歴史よりも自分の生活に近いものかもしれません。真剣に学習し、自分のものにしてください。

1年英語 「あなたの知らない私」ー英語で自己紹介をしようー

1年生の英語の授業です。ここは1年2組です。これまでに学習したbe動詞や一般動詞を活用して自分に関する英文を多く伝え合うという内容です。

まずは英文をつくるところからですが、伝える時には身振りや手振り、表情に留意するなど相手を意識して話すことも目標としているようです。

生徒たちは、学習専用端末上で、まずは紹介する内容をマッピングシートを動かして整理していました。「漫画が好き」→「タイトル)が好き」「◎◎が素敵だ」など。

先生はアイデアを出しやすいように支援しておられます。

文法や語順に自信がない生徒には、ヒントカードを与える等の支援もしておられます。

自己紹介する内容が日本語で整理できたら、英文の作成!短い英作文ですが、自分ごとなのでみんな一生懸命です。

このあと、グループで自己紹介が始まりました。

 

 

高岡地区大会でのがんばりの一端 をご紹介しますーバレーボール部ー

バレーボール部の高岡地区大会の初戦は、高陵中学校が相手。

試合前の練習から気合いが入っています。いつものように、コーチのアタックを順番に受けるところから。

さあ、試合が始まりました。得意の強烈なサーブが何本も決まり、終始試合をリードしました。

サーブだけではなく、しっかりとした3段攻撃も見事に決まり、相手を突き放しました。

タイムアウト時には、顧問の先生とコーチから修正点を示され軌道修正をします。

そして、気合いを入れ直してコートへ!

2対0で勝利することができました。

2回戦の氷見市立西條中との対戦は、ブロック等で相手を苦しめ各セット15点までは競り合いましたが、あと1歩及ばす2回戦で敗退となりました。

中学校から初めてバレーボールに取り組んだ生徒がほとんどと聞いています。ここまで、よく頑張りました!

高岡地区大会でのがんばりの一端 をご紹介しますー女子バスケットボール部ー

女子バスケットボール部は、18日(土)ヨシダ大島体育館で行われた高岡地区大会に参加しました。五位中学校に勝利し、準々決勝に臨みました。

準々決勝の相手は、高岡西部中学校。序盤はリードを許しましたが、徐々に追い上げました。

実力は伯仲しており、一進一退の攻防を繰り返す中で徐々に点差が縮まっていきました。

重要な局面では、お互いにタイムアウトを取り合う切迫した試合となりました。

あと3点にまで詰め寄ったところから、すさまじい試合展開となりました。

残り1分数秒で、果敢に3点シュートもねらいました。

しかし、無情にも終了をホイッスルが鳴り、試合終了。惜しくも準々決勝で敗退となりました。相手チームは、準決勝でも同じような試合展開であったと聞いています。本校も優勝をもねらえる十分な実力があったということを示しています。

よくがんばりました。