ICT支援員さんのアシスト     による授業

本校には、教育委員会から派遣されているICT支援員、富山大学から派遣されているICT支援員がそれぞれ1名ずつおられます。どちらにも、生徒の学習専用端末や周辺機器の授業等への活用について、大変効果的な支援をしていただいています。

本日は、3年生の技術・家庭科の授業で、富山大学から来ていただいているICT支援員さんに授業の補助をしていただきました。

生徒の個人教材(色や音等が制御できる時計)を、プログラミングによって制御し、自分の時計の動きをカスタマイズするという内容でした。小学校で始まった「プログラミング教育」の活用にも通ずる時間です。数名の生徒に聞いてみたところ、「うまくできた」「楽しい」などという声を聞くことができました。
この授業の様子は、富山大学のICT支援員さんの仕事の様子を紹介する番組として、わずか数分ではありますが、チューリップテレビにて、11月下旬に放送される予定と聞いています。

福中六華祭が行われました!

本年度の「福中六華祭」は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、大幅に変更・縮小して実施しました。ステージ発表では、社会を明るくする運動の意見発表と吹奏楽部1,2年生による演奏が行われました。学年展示、部活動展示も行われました。吹奏楽の映像と各学年の作品展示作品は、お子さんの学習専用端末のチームのファイルの中に入れてありますので、ご覧ください。