「校長室より」カテゴリーアーカイブ

自転車点検

本日は全校生徒が自転車で登校し、専門業者の方による自転車
点検を受けました。290台ほどの自転車が整然と並べられた様子は、見応えがありました。不備や故障が見つかった自転車は、しっかりと直してもらって、安全に使用してくれることを願います。

いよいよ明日から新年度開始!

現在も、新型コロナウイルスが全国で猛威を揮っています。感染予防のため、在校生が参加できない卒業式は、私も初めての経験でした。富山県内の感染者は0人が続いていましたが、とうとう昨日(3/30)の夜、1名の感染者があったと発表されました。今後もより一層注意が必要です。今後の対応については、HP等で皆様に逐次お知らせしていきます。1日も早く、笑顔でハイタッチを交わしあい、みんなが笑顔で共に語り合い、元気に学校生活を送れるようになることを、切に願っています。        福中フォトコンテストに出品された生徒の作品を観ていると、改めて、我が町福岡は、豊かな自然に恵まれ、大変美しい地域だと感じました。校歌の3題目にもある「緑の森の福岡」を、これからも、ずっと大切にしていきたいものです。このような素晴らしい環境の下で、地域の皆様や保護者の皆様に支えられ、生徒達は心も体も健やかに成長しているのだと感じます。      これまで、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。明日から始まる新年度(令和2年度)も、福岡中学校の応援をよろしくお願いします。      <校長 谷崎>

3/22から本日(3/31)まで、福中フォトコンテストの作品を紹介してきました。どの作品も、生徒たちの感性が溢れる、すばらしい写真でした。実は、先生方も特別参加していました。最後に、先生方の作品を紹介します。

 

グラウンドの杉の木に落雷がありました。(R元.7.9)

 

 

 

 

清き流れの小矢部川

 

 

 

茜色の空

 

 

 

 

メルギューもびっくり

 

 

 

 

朝靄の稲葉山

 

 

 

 

令和2年元旦のグラウンド

 

 

福岡中学校の校歌は4題あります。特に2、3題の歌詞は大変美しく、福岡のよさを表現しています。

東の空に そびえたつ   立山の姿の 雄々しさに
高き理想を 求めつつ   文化の歩み 一すじに
学ぶ 福岡中学生

清き流れの 小矢部川   不断の努力 よどみなく
心をみがき 身をきたえ    求めて止まぬ 若人の
わが学び舎の 窓光る

緑の森の 福岡に     希望に燃ゆる 健児等は
光の中を ふみしめて   真の平和を きずかんと
基をここに 定めなん

果てなき無限の 大空に  青春の意気 洋々と
実践一路の 旗じるし   かかげて進む 堂々の
若き希望の 血ぞ躍る

 校訓「自主・創造」

 

つくりもん 「平成」から「令和」へ

今年度も、美術部が中心となって、つくりもんまつりにつくりもんを出品しました。テーマは「平成」から「令和」へ。生徒会マスコット「ろっかさくん」が福岡町の特産である鯉にまたがって、令和竜宮城を目指します。前日の22日に雨が降りしきる中、野菜の素材を生かした、かわいい「たこ」や「亀」「稚魚」その他?等、美術部員のアイディアあふれるつくりもんをつくりあげ、なんとか作品が完成しました。(私も、少しだけ制作に参加させてもらいました。)皆様、是非ご覧ください。

 

福岡高校 第37回学校祭

9/13(金)に、福岡高校の第37回学校祭が行われました。最初に、茶道部のお茶会に参加しました。本校卒業生の大澤さんが、お茶室や俳句の説明などを詳しくしてくれました。その後、会場を見学しましたが、本校の卒業生たちが笑顔で挨拶を交わしてくれました。先輩たちの作品等もいくつか紹介します。