カテゴリー別アーカイブ: 第2学年

7/13 「14歳の挑戦」最終日

「14歳の挑戦」も最終日になりました。

各事業所で活動している生徒の姿は、とても生き生きとしていました。

学校では学べない貴重な体験をたくさんさせていただいていることを、生徒の表情から感じることができました。

ご多用の中、生徒たちを指導してくださった事業所の皆様、ありがとうございました。

 

7/9~ 社会に学ぶ「14歳の挑戦」が始まりました(~13日)

本日より、2年生の「14歳の挑戦」が始まりました。

33の事業所に分かれ、それぞれ職場体験をします。

学校では経験できない素晴らしい体験をたくさんしてくれることと思います。

初日の今日は、意欲的に活動する姿あり、ちょっと緊張気味な姿もあり・・・

 

町の中で頑張っている福中生の姿を見かけられましたら、

温かく見守っていただけたらと思います。

ご協力いただいている事業所の皆様、よろしくお願いいたします。

5/10~11 第2学年 宿泊学習

2学年の宿泊学習が行われました。行き先は金沢方面です。

一日目は、金沢市内を班別で見学しました。

伝統文化や歴史、産業などに触れる一日でした。

 

二日目は、埋蔵文化財センターへ行きました。

火起こし体験など、貴重な体験ができました。

今回は、金沢のよさを学ぶとともに、班の友達と協力する大切さや集団行動の意味も十分に学ぶことができました。

来年度の修学旅行にもぜひ生かしてほしいと思います。

 

 

 

 

【1・2年生保護者の皆様にお願い】家庭学習充実週間

日頃より、本校の教育活動の推進にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
さて、1・2学期に実施した「家庭学習力アンケート」や「Noメディアチャレンジ週間」等の結果から、本校の生徒の家庭学習について、下記のような課題があると考えられます。

・ TVやインターネット、ゲーム等のメディアと関わる時間が
多く、家庭学習の時間を十分に確保できていない生徒が多い。
このことに伴って、就寝時刻が遅くなり、十分な睡眠時間を確
保できていない生徒が見られる。
生活習慣が不規則だったり乱れたりしている生徒が多いと推
測される
・ 「家庭学習力アンケート」において、「家庭学習の時間と内
容を決めて、毎日こつこつ取り組んでいます」や「部活や習い
事、宿題、自主学習などのバランスをとって両立できるように
しています」の項目の自己評価で低い結果が現れている。
家庭学習の習慣が身に付いていない生徒が多いと考えられる
・ 「家庭学習力アンケート」において、「家に帰ってから授業
の復習をしたり、テストの見直しをしたりしています」や「自
分の家庭学習の仕方を振り返って、改善しています」の項目の
自己評価で低い結果が現れている。
これらのことから、学習面における自分の課題や問題点をつ
かんだり、自分に合った学習方法を見付けたりすることができ
ず、学習の見通しをもつことができない生徒が多いと考えられ

そこで、毎日の生活習慣の見直しを行い、家庭と連携して帰宅後の学習習慣を定着させることをねらいとして、1・2年生徒を対象に、1月21日(日)~2月4日(日)の15日間、下記の要領で「家庭学習充実週間」に取り組みますので、ご協力をくださいますようお願い申し上げます。

○ 保護者の皆様へお願い
・ 学活で、家庭学習の時間帯や就寝時刻について見直しをし、
生活設計を立てました。この生活設計を基に、家庭学習に取り
組みます。
・ 生徒が、「取組チェック表」を毎日記
入し、保護者の方へ見
せますので、確認してサインいただくと
ともに、賞賛の声かけ
やアドバイスをお願いします。

・ 1月28日(日)と2月4日(日)に、取組の様子について
コメントの記入をお願いします。
・ 併せて、「家庭学習のヒント」も配布しました。ヒントを参
考にしながら、家庭学習に取り組むよう、声かけをお願いしま
す。


☞印刷用はこちら


☞印刷用はこちら

【連絡】1月15日(月)ならびに週末の部活動等について

1月15日(月)ならびに週末の部活動等について、下記のとおりとします。登校時には、安全に十分留意するようご家庭でご指導願います。

○週末の部活動について、変更がある場合のみ部活動ごとに
連絡があります。

○3年生の私立高校推薦入試については、個別に連絡いたし
ます。

○1月15日(月)の連絡は、次のとおりです。
【1年生】
・月曜日の時間割どおり
□□1組・・・5限音楽
□□2組・・・1限美術
□□3組・わかぎ・ひまわり・・・1限音楽
・冬休みのワークが未完成の人は必ず仕上げて提出する。

【2年生】
・月曜日の時間割どおり

【3年生】
・月曜日の時間割どおり

11/24 2学年ヤングヘルスセミナー「いのちの教室」

高岡市民病院の助産師お二人を講師にお招きし、「いのちの現場から伝えたいこと」の授業を行いました。

両先生には、日々命と向き合っておられる助産師という立場から、スライドや映像を使って、命の大切さについて大変分かりやすく教えていただきました。

体験学習では、赤ちゃん人形を抱いてみたり、妊婦ジャケットを身に付つけたりして命の重みや大切さを体感すると共に、産み育ててくれた家族や周囲の人々の深い愛情を感じ、改めて感謝の気持ちを強く抱いたようです。

<生徒の感想から>

・自分はこの世界でたった一つのかけがえのない命だということが分かった。出産時にがんばったのは母だけでなく、自分も外の世界に出るために努力したんだと思うと、今、自分が生きていることに誇りがもてた。そして改めて10ヶ月も自分を体の中に宿して辛さや痛みに耐えて生活していた母のすごさを感じた。

・私の母も妹を妊娠しているとき、毎日が本当に辛そうだった。無事に生まれて妹を抱いたときは、とても不思議な気持ちになった。一緒に家族としていられるのも本当は特別なことなんだと気付かされた。一つの命の誕生がどれほど大切で大変かということを今回の授業で学ぶことができた。

・今日の授業は驚きがいっぱいだった。妊婦ジャケットは想像よりずっと重くてびっくりした。あの状態での生活は大変だと思った。赤ちゃん人形は意外に首がぐらぐらしていて、抱くとき怖かった。生まれたばかりの赤ちゃんはこんなに重いのかと思った。

 

12/19書初練習

2・3限に全校一斉に書初練習を行いました。

各学年の課題は、1年生は楷書で「白銀の朝」、2年生は行書で「春光千里」、3年生も行書で「蛍雪の功」です。

手本をよく見ながら、筆遣いや字形に気を付けながら、真剣に練習しました。

本番の「校内書初大会」は、1月10日、3学期の始業式当日です。

冬休みに練習をして、すばらしい書初ができるよう頑張りましょう!

頑張れ!福中生(^-^)/